So-net無料ブログ作成

政府もゆるキャラ導入したww [驚き]

スポンサーリンク






minsyukun.jpg

21日に投開票される参院選の勝利を目指し、各政党がオリジナルの「ゆるキャラ」や「萌えキャラ」を使い無党派層へアピールを続けている。そんな中、民主党の着ぐるみ「民主くん」が参院選後の“あの国民的イベント”への参戦を検討していることが判明。党勢拡大につなげられるか注目が集まりそうだ。

 「民主くん」が立候補を検討しているのは、今や国民的イベントとなった「ゆるキャラグランプリ(GP)2013」。

 これまでGPへの出場は地方活性化を目的とした自治体や団体のマスコットが主体だったが、3回目の今年は多方面のPRキャラにも門戸を開いたことから、民主くんのエントリーに支障はなくなった。同党広報担当者も「ゆるキャラGPには出た方がいいなと思っている」と語っており、すでに党からの“公認”は得られている状態だ。

 民主くんは、赤い丸を上下に配置した党のシンボルマークに、顔と手足を付けた政党唯一のゆるキャラとして、07年の参院選応援用に誕生。衆院も加えた国政選挙だけでなく、地方選でも各陣営からお呼びが掛かるほどの人気ぶりだが、問題は“暑さに弱い”ことで、「夏場はあまり外に出ない」(党広報)という。

 梅雨明け後、猛暑日が続いた今回の参院選でも千葉、愛媛両県に数回応援に現れた程度という“室内派”。だが、ネット選挙解禁はかなりの追い風に働いているよう。09年夏から始めている自身のツイッターを、一日で100回以上も更新する日があるなど積極的に活用している。

 つぶやきも「(NHK連続テレビ小説)『あまちゃん』のすごい展開!!朝からびっくりです」や「早く全天候対応型・クール民主くんにバージョンアップしてほしいなあ」といった心の叫びのほか、街頭演説会の告知、党ホームページ掲載内容の紹介、所属国会議員や参院選候補者の書き込みなどを積極的にリツイート。4700人超のフォロワー(読者)へのアピール役を務めている。

 報道機関各社が実施した参院選の世論調査では自民党の圧勝が濃厚。民主党は44あった改選議席を半数以下と激減しかねないほどの劣勢にあえいでいる。GPは来月19日からエントリーを始め、11月下旬に結果発表。民主くんがGPに参戦し、上位入賞を果たせば、次を見据えた党勢拡大の“救世主”となる可能性もありそうだ。

記事ソース
民主くん」出馬へ といっても秋の「ゆるキャラグランプリ」

とうとう政府もゆるきゃら導入したかwwやっぱりこれで選挙に来てほしいPRかな?








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。