So-net無料ブログ作成
検索選択

合成麻薬「MDMA」を密輸

スポンサーリンク




2563.jpg



軍事郵便を使い合成麻薬(MDMA)などを密輸したとして、神奈川県警は24日、米軍横須賀基地所属のミサイル巡洋艦の乗員だった元米兵ジョナサン・オクタビオ・ヌニェス容疑者(31)を麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的密輸入)などの疑いで逮捕した。

 日米犯罪人引き渡し条約に基づき、米国から日本側に身柄が引き渡された。

 県警によると、1980年の同条約発効後、米国人の身柄が日本側に引き渡されたのは初めて。引き渡しを受け、シカゴ発成田空港行きの航空機内で逮捕した。同日午後にも同空港に到着し、横須賀署に移送される。

 県警幹部によると、元米兵は、米軍横須賀基地で働いていた元軍属の男2人と共謀し、2004年7月、カナダの郵便局からMDMAなど計約5万錠(約2億円相当)入りの軍事郵便を同基地内の私書箱に発送させ、密輸した疑い。


記事ソース
合成麻薬密輸の元米兵逮捕…米から身柄引き渡し


最近麻薬系の事件も多いよね。麻薬に手を出す人の心理はどうなってるんだろう?







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。