So-net無料ブログ作成
頑張れ日本! ブログトップ

海外「日本は何でも昇華させる」 日本のジャズに外国人から絶賛の嵐 [頑張れ日本!]



YouTubeで高い評価を受けている日本のジャズ・ミュージックから。

西洋音楽とアフリカ音楽の融合により誕生し、発展を遂げたジャズ。
19世紀末から20世紀初頭に発祥の地とされるニューオリンズでまず広まり、
レコードの普及によって、1920年代には米国全土で人気を博すようになりました。

日本にも誕生間もない20世紀初頭には伝わっており、
1923年(大正12年)にはプロのジャズバンドも旗揚げされていたそうです。
本格的に普及したのは、米軍基地が日本各地に置かれるようになってからだとか。

さて、300万近い再生回数で、"高評価"も9000以上と大人気の翻訳元の動画。
演奏者はジャズミュージシャンの小林香織さん。曲名は「walk in the night」です。
外国人からは絶賛の声がたくさん寄せられていました。















小林香織/プレシャス(DVD付)

小林香織/プレシャス(DVD付)
価格:3,600円(税込、送料別)






ゆっくりと滅びゆく日本・・・ [頑張れ日本!]




10012.jpg





現在子どもがいない人の4人に1人が「子どもは欲しくない」







日本労働組合総連合会はこのほど、20歳~49歳の男女3,000名を対象に行った子ども・子育てに関する調査の結果を発表した。
調査は4月26日~5月2日の7日間、モバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)にて行われた。




その結果、子どものいない人の26.6%が「将来的に子どもは欲しくない」と回答



全回答者に、将来的に子どもが欲しいか(既に子どもがいる人にはさらに欲しいか)聞いたところ、現在子どもがいない回答者(1,831名)では、「子どもが欲しい」は73.4%、「子どもは欲しくない」は26.6%となり、現在子どもがいない人の4人に1人が子どもを欲しくないと思っている結果となった。

既に子どもがいる回答者についても「子どもが欲しい」割合(さらに欲しい割合)をみると、子どもが1人いる回答者(364名)では73.9%、子どもが2人いる回答者(593名)では58.0%、子どもが3人以上いる回答者(212名)では50.5%となり、2人目が欲しい人は7割強で、子どもの数が2人を境目に欲しい割合は5割台に下がった。



「子育てへのストレスを感じることがある」女性では8割半


子どもがいる回答者(1,169名)に、子育てをしていてストレスを感じることがあるか聞いたところ、「常にある」9.0%、「よくある」21.4%、「時々ある」46.4%となり、これらを合わせた「ストレスを感じることがある」は76.8%にのぼった。また、「めったにない」は20.7%、「一度もない」は2.5%だった。

男女別にみると、子育てを行っている比率(平均)が男性より高かった女性の方が高くなり、男性64.3%に対し、女性では86.8%となった。また、末子年齢層別にみると、末子1~2歳層(85.1%)、末子3~5歳層(83.8%)が他の末子年齢層よりも高く、末子年齢6歳を境目に末子年齢が上がるほど「ストレスを感じることがある」は下降する傾向がみられたという。



「日本は子育て支援の環境が整っていないと思う」6割弱


「子育ては社会全体でするものだと思う」に「近い」とする割合は、24.6%と約4人に1人の割合だったが、子どもがいる層(1,169名)と子どもがいない層(1,831名)に分けてみると、子どもがいる層の18.7%に対し、子どもがいない層では28.4%と子どもがいない層の方が高くなった。

さらに、「子育てについて経済的には苦しい(と思う)」に「近い」とする割合が70.2%と大多数を占めた。「日本は子育て支援の環境が整っていないと思う」に「近い」とする割合は57.3%と半数以上を占めたのに対し、「日本は子育て支援の環境が整っていると思う」に「近い」とする割合は12.1%と1割強にとどまった。

記事ソース
子どものいない人の26.6%が「将来的に子どもは欲しくない」と回答





「少子化ヤベェ!!」と思う反面「お金かかるし、子育て大変だし、仕方ないよね」って思っちゃうねww











日本いっけーーーーーー!!! [頑張れ日本!]


おっと?日本の映画がノミネートされてるよ?


”ざわざわざわざわざわざ”


これもしかしたら「パルムドール」狙えるんじゃね?







 世界3大映画祭の1つであるフランスのカンヌ国際映画祭が15日、開幕した。最高賞を競うコンペティション部門には日本から2つの作品がノミネートされていて、受賞となるのか注目される。

 今年で66回目を迎えたカンヌ国際映画祭。開幕式には、オープニング作品「華麗なるギャツビー」に主演するレオナルド・ディカプリオさんらが出席した。審査員長を務めるスティーブン・スピルバーグ監督が登場すると大きな拍手が送られ、日本人として17年ぶりに審査員に選ばれた河瀬直美さんも紹介された。

 最高賞の「パルムドール」を競うコンペティション部門には、三池崇史監督の「藁の楯」と是枝裕和監督の「そして父になる」がノミネートされていて、日本映画としては16年ぶりのパルムドールを狙う。




記事ソース
カンヌ国際映画祭開幕、日本2作最高賞狙う




ちなみに…こちらがそのノミネート作品。【予告】



【藁の楯】




【そして父になる】







よっしゃ!頑張れ日本!!!てかノミネートされただけでもすごい!w



頑張れ日本! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。