So-net無料ブログ作成
検索選択
不思議 ブログトップ

橋に不審車両、一時通行止め!なんだ? [不思議]



警察官「ちょ…なにあれ…車止まってるんだけど…」



警察官「テロとかじゃないよね?」



警察官「やだ怖い…とりあえず応援呼ぶ?」



ブルックリン橋に一時通行止め。

CNN) 米ニューヨーク市のマンハッタンと南部のブルックリン地区を結ぶブルックリン橋で27日、不審な車両が見つかり、橋が一時通行止めになる騒ぎがあった。
ニューヨーク市警は捜査の結果、危険性はないと判断し、通行止めを解除した。
市警によると、ブルックリンからマンハッタンに向かう右側車線の中央部分に、誰も乗っていないスポーツ用多目的車(SUV)が乗り捨ててあるのが見つかった。
CNN系列局WABCの映像には、橋が警察車両でふさがれて通行止めとなり、防護服を身に着けた捜査員らがSUVを調べる様子が映っている。犬を連れた警察官の姿もあった。


記事ソース
米NYのブルックリン橋に不審車両、一時通行止めに









ナンバープレートも車両識別番号も無かったらしい…テロの場合もあるから警察は警戒するよな…で、いったいどういう目的で止めたんだかw

世界の超常現象伝説 [不思議]


知っている人もいるはずですが、やはりこの謎は気になりますね。

ちょっと気になった記事を見つけましたので

ご紹介させていただきます。



ちなみに皆さんはこの記事を見て、どう思うでしょうか?

管理人はいつも思いますが、あの海ではいったい何が起こっているんだろうと

気になってしょうがないです。


行きたいけど、帰ってこれなかったらどうしようとか
思いますよねw

そもそも行けるのかもわからないですが…




でも気になるんだな…







CNN)  この世に数ある船舶事故や航空機事故の中でも、特に超常現象が起きやすいとされる場所がある。こうした謎の地域とされる事故多発エリアで発生した事故と、そこから生まれた伝説を探ってみる。


バミューダトライアングル

バミューダトライアングルは、バミューダ諸島とフロリダ半島、プエルトリコの3つの拠点を結んだ架空の場所で、船舶や航空機が突然姿を消すといった不可思議な現象が起こるとされている。
バミューダトライアングルが注目され始めたのは1945年12月。14人を乗せた軍の航空機がフロリダ半島南沖で突如行方不明になった事件がきっかけだ。その後、遭難機の捜索に向かった13人のクルーも姿を消し、その遺体も発見されなかったことからバミューダトライアングルの伝説が生まれた。
その後も巨大オイルタンク船やレジャーヨット、小型旅客機などが行方不明となり、この地域に何らかの不可思議な力が働いているとされていた。しかしその後の調べで、この地域で行方不明となった船舶や航空機の数とその他の地域での事故の数にそれほど大きな違いがないことがわかってきた。ここは海上交通路として世界でも特に混雑した地域で、ほとんどの船は4次元の世界に引き込まれることなく無事航海を終えているのだ。


サルガッソー海

大西洋に広がるサルガッソー海は不気味なほど静かな海だ。大西洋中心部は凍り付くような寒さだが、サルガッソー海は暖かく海藻も多い。ここで多くの船の乗組員が行方不明になり、無人の船がさまよっているというのだ。
1840年にこの地域を航海した帆船「ロザリー」もこの海の犠牲となった。その後ロザリーは漂流している状態で見つかったが、乗組員は全員行方不明のままだ。
サルガッソー海は海流の強い地域に囲まれ、太平洋のほかの地域から封鎖された状態になっていることから「海の中の海」とも言われている。そのため水温も高く静かな場所となっているのだが、それが風力で動く帆船を完全に足止めし、幽霊船伝説が生まれているのだ。


魔の海

ドラゴントライアングルとも呼ばれる魔の海は、東京から約100キロ南の三宅島近辺に位置する場所だ。古くから日本列島沖には竜が住んでいるとの伝説があり、そこからドラゴントライアングルという名が生まれたとされている。作家チャールズ・バーリッツ氏によると、1952年から1954年の2年間に日本の軍用艦艇がこの地域で5隻行方不明になったという。
超常現象専門家のアイバン・サンダーソン氏は1972年、魔の海やバミューダトライアングルなど超常現象が起こるとされる場所を「悪魔の墓場12カ所」として紹介した。これらの場所は、南半球、北半球という位置は違っても赤道からの緯度が同じで、暖流と寒流が交差していることから電磁異常が発生し、超常現象が起こりやすくなっているのではないかという仮説がある一方で、こうした仮説は誤りだという主張もある。


ミシガントライアングル

米国ミシガン湖は、不思議な物体や幽霊航空機が目撃される場所として知られている。
ミシガントライアングルの伝説は、1937年にジョージ・ドナー船長が貨物船から突然行方不明となったことから始まった。ドナー船長は、港に近づいたら起こしてくれと言い残して船室に入ったが、そのまま姿を消してしまったのだ。船室には鍵がかかったままだった。
その13年後、今度はニューヨーク市からミネアポリスへと飛び立ったノースウェスト航空2501機が、ミシガントライアングル上空にてまるで蒸発するかのように消え去ってしまった。この事件はその後長年にわたって調査されているが、2501機の残骸は未だ発見されていない。



記事ソース
バミューダトライアングルから日本の「魔の海」まで 超常現象伝説を探る












私は、僕は、ここに行って帰って来れたよ!っていう人は是非感想を聞かせてくださいwwwwwwwwwwwwww

不思議 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。