So-net無料ブログ作成

休日は家で黙ってよう [天気]



0f4036ca858d1841e5f34b09f16582192b4f9949.gif




気象庁によると、台風4号は21日午前6時現在、九州の西を時速約25キロで北東に進んでいる。台風4号は、その後進路を東寄りに変えて九州の西海上を東北東へ進み、同日昼過ぎから夕方にかけて、九州に上陸する恐れがある。21日は、西日本では非常に激しい雨が降るところがあり、大雨が続くという。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒を呼びかけている。


台風4号の中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側460キロ以内と北西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。21日夜までに熱帯低気圧に変わる見込みだが、同日も梅雨前線は西日本から伊豆諸島に停滞し、台風の接近に伴い、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になるという。

 四国地方では21日午前4時までの24時間の雨量が350ミリを超えたところある。西日本では、大雨は小康状態となっているが、今後再び雨が強まり、21日夜遅くにかけて、雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るところがあり、大雨が続く。22日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、四国地方=200ミリ▽九州北部地方(山口県を含む)、九州南部=150ミリ▽近畿地方=120ミリ--の見込み。


記事ソース
<台風4号>21日昼過ぎにも九州上陸 西日本で再び激しい雨も





azuY-ODcBAw-1.jpg






よしみんな、明日はずっと弾なしニュースを眺めてよう!









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。