So-net無料ブログ作成

表現の自由の侵害?児ポ法改定案 [社会]

スポンサーリンク





65Cz322uP59470tieSsGlqyY_500.jpg






衆議院法制局「児童の保護のために児ポ法改定するよ」



どらえもん←しずかちゃんの入浴シーンがアウト
キューティーハニー・セーラームーン←変身シーンがアウト
イラスト教室のサイト←人間の骨格に色を付けると裸に見えてしまう、アウト



マンガ・アニメ業界「表現の自由の規制だ」「国民の社会生活を脅かす」「名作の芽を摘む」「焚書のような事態」





5月29日に衆院に提出された児童ポルノ禁止法改定案の全文が、衆議院法制局のWebサイトで公開されている。法案そのものに加え、概要、要綱、新旧対比表、法案の経過を確認できる。



改定案では、児童ポルノ画像などを所持すること自体の禁止、いわゆる「単純所持」の禁止を盛り込み、「自己の性的好奇心を満たす目的」で、児童ポルノを所持した者に、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を課す内容。また、検討条項として、「児童ポルノに類する」という漫画やアニメなど児童へのわいせつ行為などへの関連を「調査研究」し、その結果を受けて3年後をめどに「必要な措置」をとることを求めている。

 改定案については、日本漫画家協会、日本雑誌協会、日本書籍出版協会、コミックマーケット準備会、日本アニメーター・演出協会などのが相次いで反対声明を発表するなど、創作者やネットユーザーから強い反対の声があがっている。



記事ソース
児童ポルノ禁止法改定案の全文、衆院サイトで公開





ポルノ被害にあった児童の保護のための法律で、なんで実体のないキャラクターの絵の所持が禁止されるの?おかしくねww






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。