So-net無料ブログ作成

このデジタルアートすごいわww [すごすぎ!]

スポンサーリンク






d7339-11-189775-5.jpg


チームラボは、大阪府・堂島リバーフォーラムにて開催される「堂島リバービエンナーレ2013- Little Water」展にて、高さ10m、解像度5Kの新作デジタルアート作品「憑依する滝 / Universe of Water Particles」を発表する。会期は7月20日~8月18日(会期中無休)。開館時間は11:00~19:00(入館は18:30まで)。入場料は一般1.000円、高校・大学生700円、小・中学生500円(前売券は100円引)。

【拡大画像や他の画像】

「憑依する滝 / Universe of Water Particles」は、FHD(フルハイビジョン)の5倍の解像度である「5K」の解像度で、超微細まで描いた映像作品。コンピューター上の仮想空間に岩石の空間を作ってそこに水を流し込み、仮想空間上で滝をシミュレーション。水を粒子の連続体として表し、粒子の相互作用も計算した上で、滝を物理的に正確な水の運動シミュレーションとして構築した。また、全体の水の粒子の中からランダムで0.1%の水の粒子を選び、その挙動によって空間上に線を描き表すものとなっている。

なお、同作品が展示されるアートイベント「堂島リバービエンナーレ2013「Little Water」」は、台湾出身のキュレーターで、テート・ギャラリーのアジア購入委員会の委員でもあるルディ・ツェン氏がアーティスティックディレクターを務める。同社以外の出展アーティストは、アデティア・ノヴァリ/アラヤー・ラートチャムルーンスック/アンドロ・ウェクア/石田 尚志/ウィリアム・ケントリッジ/ヴォルフガング・ライプ/N.S ハーシャ/ガデ/金氏徹平/篠田太郎/スーメイ・ツェ/杉本 博司/ソピアップ・ピッチ/高嶺 格/ダグ・エイケン/チャールズ・リム/ツァイ・チャーウェイ/デン・ジャオミン/パク・シュウン・チュエン/畠山 直哉/藤本 由紀夫/メグ・ウェブスター/八木 良太/ユェン・グァンミン/リー・ミンウェイ/ローレンス・ウェイナー/ワン・ユーピン。


記事ソース
大阪府でチームラボが解像度"5K"の新作デジタルアート「憑依する滝」を展示


このアートやばいわwwなんか見てると吸い込まれるみたいな感じがするww








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。